WiMAXと他のモバイル通信 | プロバイダー料金比較

表示料金は記載がある場合を除き税抜き表示となります。

本ページでは、WiMAXと他のモバイル通信との違いについてご案内しています。

WiMAXについて

WiMAXはWi-Fiを提供エリア内であればどこでも利用できるようにしたもので、モバイルルーターやUSBタイプの端末などで提供されます。

他のWi-Fiルーターとの違い

通信は携帯電話用の3G回線を使用せず、インターネットの回線を使用しているので通信速度が速く、帯域の規制もありませんので大容量のデータ通信も無制限に楽しめます。

アクセスポイントから離れると不通になる無線LANとは異なり、基地局から数キロ離れた広いエリアでも利用可能なので外出先や移動中も高速でインターネットを楽しむことが可能になります。

自宅や外でも回線をWiMAXに一本化

WiMAXが3G回線のWi-Fiルーターとの大きな違いは、自宅にプロバイダ-契約をしてなくてもインタ-ネットが出来るというところです。3G回線より回線速度が高速で規制もないので、WiMAXのルーターがあれば自宅や外出先でも自宅のPC、ノートPC、PDA端末、ゲーム機、スマートフォンなどをストレスなく使用できます。

セキュリティもデータ通信の暗号化で対策しています。

Wi-Fi、無線LANとは

Wi-Fi Allianceという業界団体によって名づけられた名称です。

最も一般的なLANでつなぐ規格がWi-Fiで、Wi-Fiの電波の届く範囲で通信ができます。
(LAN:ローカルエリアネットワークの略で局地的な地域のネットワーク)

Wi-Fiを自宅で使用する場合

自宅で契約している光ファイバーやADSLなどのルーターを無線LANルーターにすると電波の届く範囲でWi-Fiの使用ができ、ルーターまでの通信が無線でできます。

Wi-Fiを外で使用する場合

公衆無線LANサービスを利用します、町の様々な場所(ファーストフード、コンビニ、カフェなど)で公衆無線LANのサービスが提供されていて、無料や有料のものがあります。

3G回線をWi-Fiルーターで通信するやり方で、イーモバイルやdocomoが提供しているサービスがあります。3G回線のエリア内ならWi-Fiが利用できますが、携帯電話と同じ回線を使用しているため通信速度が遅かったり、アクセスポイントが近くにないと通信ができませんし、アクセスポイントをなりすまし、ネットワークへの侵入など不法行為もありますからセキュリティ設定が特に重要です。セキュリティに関しては公衆無線LANに限ったことではなく、自宅などで使用している無線LANも同じことです。

3G回線とは

3Gとは3rd Generationの略で第三世代という意味で、モバイル通信の第三世代です。ちなみにサービス終了になりましたが、docomoのmovaなどが第二世代(2G)です。

3Gは携帯電話用の回線で、データ通信(パケット通信)するのに使用されていますが、最近ではスマートフォンでのデータ通信量が大きくなり、そもそもが携帯電話の通話回線なので通話に影響が出ないように帯域規制があります。つまりデータ通信し過ぎると速度制限されるのです。

他のプロバイダー、他の料金プランも含む高速モバイル通信の詳しい料金・キャンペーン比較につきましては以下よりご確認ください。

人気の高速モバイル通信サービス

以下は、高速モバイル通信サービスの中でも大人気のWiMAXを提供しているお勧めプロバイダーとなります。

1位 家でも外でも高速インターネットが楽しめる「BIGLOBE高速モバイルWiMAX」

サービス名 WiMAX端末 WiMAX端末費用
※キャンペーン価格
月額料金
BIGLOBE 高速モバイルWiMAX
BIGLOBE
高速モバイルWiMAX
Wi-Fiモバイルルータ
AtermWM3800R
0円

■完全定額 年間パスポート
(BIGLOBE WiMAX Flat 年間パスポート)
3,620円/月
※BIGLOBE会員の場合3,420円/月

Wi-Fiモバイルルータ
URoad-Aero
0円
USBタイプ
AtermWM3200U
0円
キャンペーン(2014/6/30迄)
WiMAXデータ端末料金0円+BIGLOBE月額料金利用登録月無料
kindle fire HD(16GB)をご希望の方にプレゼント(24ヶ月間継続利用の方を対象)
kindle paper whiteをご希望の方にプレゼント(13ヶ月間継続利用の方を対象)
  • 今、BIGLOBE WiMAXに申し込みを行うと、WiMAXデータ端末料金が0円!
  • 下り最大40Mbps、工事は不要。家でも外でも簡単に無線インターネットが楽しめます!

プロバイダー比較からお得なキャンペーンを見つけて、最適なプロバイダーと契約しましょう。