WiMAX(ワイマックス)の海外、アメリカでの利用について | プロバイダー料金比較

本ページでは、WiMAX(ワイマックス)のアメリカでの利用についてご案内しています。海外(アメリカ)でご利用される時の参考にしてください。

WiMAXの韓国での利用についてはこちら

ご利用可能な機器

対象機器

日本国内のWiMAXを提供している各プロバイダーに契約中のWiMAX搭載のパソコン。

komeデータ通信カード、WiMAX Speed Wi-Fiなどの端末では海外でご利用いただけませんのでご注意ください。

ご利用可能サービス

ご利用可能端末はWiMAX内蔵のパソコンで各国の(WiMAX1日利用サービス)がご利用が可能です。その際WiMAXサービスを利用できる状態にしていただく必要があり、オンライン上で(WORLD WiMAX)提携事業者のサービスエリア内で手続きをおこなってください。

(WORLD WiMAX)提携事業者とは海外各国のWiMAX提供会社のことです、その提供会社とのご契約が必要です。

海外でご利用までの手順

ご利用までの流れ

渡航前に国内でのWiMAXに契約

iconcheck事前に国内の各WiMAX提供プロバイダーとの契約が必要です。

iconcheckアメリカでのご利用を開始するには国内のWiMAXの接続が可能になった後、2週間程度の期間が必要です。

渡航前にバージョンの確認

ご使用になるWiMAX搭載パソコンのWiMAX通信モジュールと接続ユーティリティのバージョンを確認します。

渡航先のWiMAX提供会社エリア内でご使用になるWiMAX搭載パソコンでオンライン手続きをし、ご契約。

その後サービスのご利用開始。

アメリカのWiMAX提供会社

usflag

アメリカ合衆国

clearのロゴCLEAR

CLEARでご利用可能になるまでには国内でWiMAX接続可能後、2週間程度の期間が必要です。
CLEARのサービスエリア内で、ご契約ご利用の手続きをおこなってください。
一日利用サービス名 CLEAR Free Day Pass

CLEAR利用料金

契約登録料金=無料

通信料金=無料

無料期間の終了時期は未定

kome日本でWiMAX提供会社との契約、加入前にCLEARの自国向け(アメリカ)サービスに加入契約しているWiMAX内蔵のパソコンの場合は無料サービスをご利用いただけません。

対応エリア

主要都市:

ニューヨーク、ワシントンD.C.、フィラデルフィア、アトランタ、マイアミ、ヒューストン、シカゴ、ダラス、
ソルトレイクシティ、デンバー、ラスベガス、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、ホノルルなど。

詳細はCLEARのWebサイト(英語)からご確認ください。

対応通信モジュール

  • intel WiMAX/WiFi Link 5150
  • intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6150
  • intel Centrino Advanced-N + WiMAX 6250

WiMAX接続ユーティリティ

接続ユーティリティのバージョンが1.5.0未満の場合バージョンアップをおこなってください、一部のエリアではご利用いただけない場合があります。

接続ユーティリティを起動し、バージョンをご確認ください。
バージョンの確認およびバージョンアップについては、CLEARのご利用マニュアル(日本語)をご参照ください。バージョンアップ後事前に国内にて、WiMAX接続をおこなってください

ご帰国後について

帰国後にWiMAXに接続しようとすると、接続ユーティリティが海外のWiMAX提供会社へ接続しようとします、その際日本で契約しているWiMAX提供会社のネットワークに接続してください。

WiMAXお勧めプロバイダー

高速モバイル通信なら、「BIGLOBE 高速モバイルWiMAX」が断然お勧め!下記では、「BIGLOBE 高速モバイルWiMAX」の特長を説明しています。また、「BIGLOBE 高速モバイルWiMAXの詳細を確認する」ボタンより、更に詳しいサービス内容がご覧になれます。

BIGLOBE 高速モバイルWiMAX

BIGLOBE 高速モバイルWiMAXの特長

  1. 下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbps。動画も楽しめる高速通信!
  2. 工事不要のワイヤレス通信。
  3. わかりやすい料金プラン。
  4. 全国政令指定都市で実人口カバー率90%以上。
  • 電波状況、回線状況、ご利用端末などにより異なります。

プロバイダー比較からお得なキャンペーンを見つけて、最適なプロバイダーと契約しましょう。